佐助の雑学ブログ

1月 3 2017

今月から引越しシーズンに入り料金が膨大に!安くする方法はあるの?

 

引越しの繁忙期は1月から3月までで、この時期は料金が通常期に比べると2倍から3倍まで跳ね上がります。

 

特に3月中旬~4月に入るまでが一番高くなる為、この期間をずらす事が基本的な節約方法となります。

 

しかし、賃貸の契約時期や休日の関係で時期をずらすのが難しいこともありますね。

そういった場合には、運搬できる荷物はご自身で運び、大きな荷物だけを専門業者に頼む事でも安く上げることが可能です。

 

 

引越し料金は、荷物を運ぶ際に使用するトラックのt(トン)数と移動距離で大まかな料金部分は決定されます。

このトラックをいかに小さくするかで料金が変わっていきます。

 

・ご自身で運べる荷物とは自家用車で運べる荷物です。
(衣類や本、小さな家電など細々とした荷物)

 

・大きな荷物とは1人では運べない家具や家電といった荷物です。
(冷蔵庫や洗濯機、タンスなど故障や傷が付く可能性のある物は、業者に依頼するべき荷物となります。)

 

見積もりを取る前に、どれを運びどれを運んでもらうのか決めておく必要があります。

 

決まったら次は業者選びですが、引越しをする場合には、業者の料金は一定ではない為、複数社の見積もり比較は必要です。

 

仮に家電類だけを運んでもらうなら、こちらのサイトを参照してください。

冷蔵庫の配送が格安なのはどこ?
(冷蔵庫の配送が安い業者の見つけ方を記載してありますが、その他の家電を運ぶ場合や料金の節約時に参考になります。)

 

また、料金に関して言えば業者の輸送方法にも色々なやり方があります。

 

荷物が少なくなれば単身パックから皆で輸送費を出し合う割り勘便、鉄道を利用するJRコンテナ便などを利用するのも一種の節約方法です。

よって、見積もりを取る際には、引越し業者に限らず、運送業者や軽貨物業者(赤帽など)の見積もりを取る事も視野に入れて下さい。

Written by ワッフル